芝生の手入れは効率良く行ないましょう~バリバリ刈って快適~

芝

大変な作業なら

草

草刈り作業は、必要な作業です。道や田畑などを綺麗にします。また、大変な重労働です。しかし、その草刈り機の音で悩んで迷惑している方もいます。地域の方の理解と協力が必要です。多数の種類がありますので配慮のできる草刈り機を使用しましょう。

Read More...

人の手で行う技術が大事

庭

大阪で庭の手入れを植木屋に依頼する場合、実績の高さで選ぶことが大事です。年配の人ほど経験豊富で、職人技を感じられることがあります。費用がかかるからこそ、しっかりと手入れをしてくれる技術力の高さを重視すべきです。

Read More...

生物の成育が向上する

ミスト

ミストシステムは環境に配慮された製品と言われていて、様々な分野で利用されています。現在は年々気温の上昇が見られており、農業への影響も出ています。ミストシステムを取り入れる事によって生産性が向上すると言われているので魅力があるシステムとなっています。

Read More...

こつこつやるのが大切

芝刈り

基本は4つ

自宅に芝生があれば毎日緑が見れてとてもいい気持ちです。しかし手入れが難しそうと思われたり面倒だと思われたりする方も多いとおもいますが、素人の方でもこつこつとやれば十分に楽しむことができます。芝生のていれの基本は、芝刈り、水やり、除草、肥料です。この4つのことが出来ていれば、綺麗な芝生を楽しむことは簡単に出来ます。これが出来なければ、芝がはげてしまったり枯れてしまったりして、みすぼらしい様子になってしまいます。その中でも最も大切なのが芝刈りです。この手入れがとても大事です。特にあったかい季節は芝生がぐんぐんと成長して伸びていく季節です。こまめに芝刈りをすることが大切です。芝が伸びるということは雑草も多く生え注意が必要です。またなかなか芝を刈る機会がなく伸びすぎてしまった場合は、一度に刈るのではなく何回かに分けて刈る方が良いです。

夏場の水やりは重要

芝生の手入れで次に大切なのが水やりです。これを怠ると当然ですが芝生は枯れてしまいます。春と秋の水やりは3日から4日に一度の目安で行い、夏場は基本的に毎日やったほうが良いです。なつばの水やりは特に管理が大切です。昼間は乾燥しやすいので、朝の日が昇る前と夕方の日が沈む頃にやるのが一番良いです。また表面だけでなく、地中の根の方まで水がしっかりと届くようにやるのが大切です。あまり広くない場合はホースなどで十分ですが、広い場合はスプリンクラーを上手に使い水やりをすることをおすすめします。芝生の手入れはこの2つの他に、除草と肥料があります。この2つは季節ごとに芝の様子をみてやる事をおすすめします。説明書などで十分に素人ではできますが、不安がある場合はお店の方に聞いてみる事をおすすめします。